maemotoのブログ

Developers Summit 2015 潜入レポート vol.1

|

こんにちは前本です。
2015年2月19~20日、今年も開発者のお祭り翔泳社「Developers Summit 2015」が開催されています!

昨年は前夜祭として半日をTMCNで共催させて頂いた「センサー&デバイス祭」も記憶に新しいですが、あれからもう1年です。

さて今年は弊社インターン生、高野君がイベントレポートをお送りします。
若干二十歳の彼の初デブサミ、どうぞお楽しみください!

-----------------------------------------------

prorogue

ブログをご覧の皆さま、いつもありがとうございます。
そしておそらく、はじめまして。

 

この会社にインターンをさせていただいているインターン生の高野太郎(大学2年生)と申します。
ここからは私高野がDevelopers Summit 2015(以下デブサミ)に潜入した体験レポートを書かせていただきます。
ぜひ最後までお付き合いください。

 

まずなぜ私がデブサミに潜入したかと申しますと、前本さんからこのようなメッセージが届いて、ノータイムで“了解しました”と答えてしまったからです。


図1 参加への経緯

 

URLまで貼っていただいたのにも関わらず、開かずにこれは行くべきだと“直感”判断して行くことを決定しました。
デブサミがどういったものなのかぼんやりとしか把握してないまま当日を迎え、私は会場に向かいました。

正直に申しますと、最初は結構軽い気持ちでした、それが大間違いでした。

上海マフ○アの屋敷のような豪華な通路と、映画キ○ビルに出てきそうな和室、想像よりも多い参加者、そして受付の黒服の方々を目の当たりにして、急に“僕はここにいていいのだろうか?”と不安になってきました。

さらに緊張でおなかが痛くなってきたのでトイレに向かうと、なんとトイレットペーパーが“ダブル”。

細かいところまで豪華なんだなぁと実感しました。

 
図2 通路と和室

一応私はプレスとして参加ということなので、受付からプレスの腕章と名札と注意事項をもらい、

前本さんから一眼レフをお借りし(高いらしい)、プレス高野が完成しました。
この写真が私とプレスのコスプレです。

 
図3 プレス高野とプレスグッズ


そしてこの記事は、豪華な控室でお菓子を食べながら書いております。

 
図4 控室とお菓子

rehearsal

9時前からリハーサルが始まりました。
会場に入ってみると、敷居の高そうな内装と大量の椅子、劇場のような天井に驚きました。

 
図5 会場と天井

もちろん撮影可能かはチェック済みです。(プレスっぽい)


図6 撮影OK

前本さんが機材とパソコンの設営をしております。

 
図7 設営中の前本さん

Kinectはステージに鎮座させておりました。


図8 Kinect

ついにリハーサル開始。


TMCNについての話をしたり

図9 TMCNってなに

お馴染みのエアー書道をしたり

図10 エアー書道・奏 VR

エアーシンセをしたり

図11 エアーシンセ

前本さんがUnityちゃんになったり

図12 Unityちゃんになる前本さん


とにかく本番が楽しみです!

そしてこの記事はキ○ビルにできそうな豪華な控室でお弁当をいただきながら書いております。

-----------------------------------------------

いかがでしたでしょうか?
インターン出社3回目でデブサミに連れていかれたフレッシュな感想がさわやかな感じですね(笑)

なんだか変わった社会体験から始まった高野君の今後はいかに!?

vol.2 をお楽しみに!!