【Team xRブログ】デジタルツインを想定した音響シミュレーションの実装

現実の物や動きをPC上で再現して、様々なシミュレーションなどを行うデジタルツインという技術があります。これらは現実の部屋などを取り込んでそちらを用いて行う形となりますが、今回はシミュレーション部分にフォーカスし、用意した部屋の3Dモデルと「SteamAudio」を用いて音響シミュレーションを行った事例をご紹介しています。

これらを活かせる場面としては、新しい部屋を作る際に形状や材質を指定してシミュレーションを行うのはもちろんのこと、既存の部屋を取り込んで、どのような材質のどういった形状の物を配置すれば音の反響が緩和されるのかなどのシミュレーションにも利用できそうです。

詳細はぜひブログをご覧ください~!
check! ▶【ブログ】デジタルツインを想定した音響シミュレーションの実装

__alt__