ブログ

【シスフレ日記 Vol.24】システムフレンドケアプランニング

|

こんにちは(^^)受付の高橋です。

システムフレンドは、システム開発会社としてみなさんに認知されているかと思いますが、実はもう一つの顔があるんです・・・!それが、「システムフレンドケアプランニング(居宅介護支援事業所)」。まだ弊社HP等には詳しく記載しておらず、ご存知ない方もいらっしゃるかなと思いますので、今日は、弊社の居宅介護支援事業についてご紹介します!

 

まず、居宅介護支援事業とは・・・

介護を必要とされる方が自宅で適切にサービスを利用できるように、ケアマネジャー(介護支援専門員)が心身の状況や生活環境、本人・家族の希望等に沿ってケアプラン(居宅サービス計画)を作成したり、サービスを提供する事業所等との連絡・調整などを行ったりすることです。介護サービスが必要な人と介護サービスを繋ぐ架け橋のような役割を担っています。

 

弊社には、介護に関する専門的知識と経験のあるケアマネージャーが常駐しており、居宅介護支援事業所として利用者の皆様のサポートをさせていただいております。

こちらが弊社のケアマネージャーの幸野です!とても明るくてパワフル!私はいつもこの笑顔に元気をもらっています(^^)ケアマネージャー歴13年のベテランで、毎日忙しく飛び回っています!

 

システム開発会社と居宅介護支援事業。私には最初、この2つが全く結びつきませんでした。みなさんも不思議に思われるのではないでしょうか?そこで、なぜ弊社が居宅介護支援事業を始めることになったのかを会長の岡本に聞いてみました。そして、そこにはとても熱い思いがあることを知りました。そのいきさつを、簡単にご説明したいと思います。

 

このブログでも何度か取り上げた鑑(AKIRA)。システムフレンドが鑑の開発を始めたのが今から4年前。これが、弊社が医療に携わるきっかけになります。その後、これも以前にブログでご紹介した、高齢者支援のための『スマクロ』プロジェクトを開始、またその1年後には、『楽バック』という高齢者や身体障害者を支援するシステムの開発を始めました。(『楽バック』についてはまたご紹介したいと思います。)
こうして弊社は介護・医療分野に取り組むことになったのですが、やはりこれまで取り組んできたこととは分野が異なるため、わからないことが多く苦戦することもあったようです。この時、介護分野においては、ケアマネージャーという存在がキーマンになる!と考えたそうです。そこで、知り合いのケアマネージャーを招き、居宅介護支援事業を始めることになりました。
居宅介護支援事業をしながら、介護・医療分野の情報収集ができれば、さらに良い製品作りができる、また、開発した製品を実際に使用していただき、現場の生の声を聞きたい、そんな思いからでした。そしてまだまだIT化が遅れている介護分野において、弊社がお役に立てる部分がたくさんあるのではないか、そんな思いもあります。

 

今年の6月で、居宅介護支援事業を始めてちょうど1年になります。現状は、事業所としての業務をこなすことが精一杯で、まだ当初の目的が十分に達成されているとは言えない状況ではありますが、システムフレンドが、介護の現場を知っているシステム開発会社として皆さまに認知していただけるよう、今後はさらにしっかりと連携を取っていきたいと思っておりますので、どうぞご期待ください!!

 

 

ちょまどさんの筋肉ボイスを動かしてみた

|

Google Home Miniを貸していただく機会があったので、Microsoftエヴァンジェリストの千代田まどかさんが公開している「筋肉ボイス」を動かしてみました!

詳しくは下記記事をご覧ください。

ちょまどさんの筋肉ボイスを動かしてみた

【シスフレ日記 Vol.23】囲碁クラブ発足!?

|

突然ですが、みなさん仕事のお昼休みは何をして過ごされますか?同僚とおしゃべりしたり、本を読んだり音楽を聴いたり、なかには短いお昼寝をする方もいらっしゃるでしょうか?


とある日のお昼休み、何やら上の階が賑やかなので覗いてみると・・・

囲碁!アレックスとカイが囲碁を教えてもらっていました!
・・・こんなインターナショナルな囲碁対戦、見たことない・・・(笑)

 

カイは頭を抱えていますね(笑)難しいのでしょうか・・・。私は囲碁をやったことがないので全くわからないのですが(^^;

とっても楽しそうな雰囲気ですね~♩

 

囲碁を打つと脳が活性化されるそうですよ。昼休みに囲碁。頭がシャキっとして午後からの業務に集中できるかも!『International Go Club』ただいま部員募集中です(^^)

 

【シスフレ日記 Vol.22】Medtec Japan 2018 ご来場ありがとうございました!

|

こんにちは。受付の高橋です。

前回のブログでお伝えしました『Medtec Japan 2018』。
無事に3日間の日程を終えました。出展に参加した社員がたくさん写真を撮って帰ってきてくれたので、ご紹介したいと思います!みなさんに少しでも会場の雰囲気が伝わりますように(^^)
 

まずは会場の東京ビックサイト!写真で見るだけでも大きいですね・・・!
 

会場の中の様子です。システムフレンドは今年も、広島県『ひろしま医療関連産業研究会』のブース内に展示させていただきました。
鑑ブース、どうですか?この鑑ロゴが入ったテーブルクロスも、この出展のために新調したものです(^^)完成品が届いたのを見たときも、あ~かっこいいな!と思ったのですが、こうやって実際に出展ブースに飾られているのを見るとパッと目を引くデザインでさらにいい感じです♩

最初から最後まで途切れることなくたくさんの方が弊社ブースで足を止めてくださり、一人に説明し始めるとその周りにまた人が集まってくるといった状況で、2日目は写真を撮る暇もないほどだったそうです。また、日本だけでなくたくさんの海外の方にも興味を持っていただいたようで、岸本は得意の英語でプレゼンしたそうです!実は岸本、以前ブログでもご紹介した社内の英語クラスで、鑑の英語版プレゼン原稿を作っていたそうなのですが、それを全部暗記してこのMedtecに挑んだらしく、社内の英語クラスがとても役に立ったと話してくれました。やはりこのような大きなイベントでは英語は必須条件なんですね・・・!

 

このように大盛況のうちに展示を終了することができ、担当者一同、鑑のこれからの可能性をさらに強く感じることができた3日間だったようです。私も、写真や社員の話を通してですが、会場の熱気を感じることができ、これからの鑑の活躍がますます楽しみになりました(^^)

 

最後に、弊社ブースにお立ち寄りくださった皆様、誠にありがとうございました。皆様のご期待に添えるよう、これからもより良い製品作りに取り組んでまいります!

Nintendo Labo 調査の軌跡

|

おはこんにばんわ、坂本です。

発売されました、Nintendo Labo!

「センサーを使っているから調査したい!」と
無理矢理会社の稟議を通してSwitchとセットで購入しましたsmiley(ニッコリ)

センサー関連で購入を考えてる方や、
調査をしようと思っている方にざっくり内容を説明できればと思います。
(プレイや工作レポみたいなのは一般の人がガンガンやると思うので、
そのあたりはあまり詳しく書かない感じで)


〇最初に
技術的な内容を知りたいのであれば「Nintendo Labo Toy-Con 01」を
購入するだけで大丈夫、さらにその中の「リモコンカー」「つり」「おうち」
を作成すれば全体的な内容は掴めます


主な機能を項目的にまとめると

「リモコンカー」 コントローラバイブ
「つり」 ジャイロ、加速度、センサー
「おうち」 IRセンサー

になってます。

残りの「バイク」「ピアノ」と「Nintendo Labo Toy-Con 02」
は工作部分が大掛かりになり、さらに機能が全部複合されている
といったイメ―ジです。

〇リモコンカー
チュートリアル的な位置付け。
コントローラーを振動させて動かすことができます。

このアプリでIRカメラ映像を確認することもできます。

つり
ジャイロ、加速度、センサーの機能を使って
釣りの動作をうまく捉え、アプリの表示として反映させています。

釣り竿のグリップの部分にコントローラを刺して
釣り竿の「上げ」「下げ」を認識したり、
リールの部分にコントローラを刺して
「巻く」動作をコントローラの回転で認識したりしています。

加速度も取れるので「竿を素早く引いた」という
動作も取れますね。

おうち
IRセンサーを使って、それぞれのパーツを認識し
アプリ内でいろいろな表示や動作を行っています。

家の天井にコントローラーを刺して空洞になっている
家内部をセンサーで監視しています。

そこにIRマーカー(再帰性反射材)が付いたパーツを
穴が開いた壁に取り付けるとセンサーが反射材を
認識して、表示や動作として反映させています。

感想

しゅごい(小並感)

作りながら脱帽してました。

センサーをいろいろ使っている身としては
「精度」ってあまりよくないのかなぁとか思ってたんですが
そこは流石で、仕様と見せ方で全てをカバーしている感じでした。
とくに「動きが悪い」って感じなかったのは、本当にしゅごいです。

工作部分にも、こまめな配慮やこだわりが詰め込まれていて感動したんですが
ここではちょいと割愛します。

応用
で、これらの機能が分かった上でなにかに利用したいですよね?
公式でも動画が公開されていますが、アプリ内に「Toy-Conガレージ」
という機能があります。

これを使えば自分でオリジナルの工作ができる!ってものなんですが
最終的な出力がある程度限られています(音を出すとか画面を光らせるとか)

それらをうまくハックして別機器とつなげる方法を検討中で、
そのあたり次のブログでちょいとまとめたいと思ってます。

最後に
小さなお子さんがいる方には超オススメですね、私も子供の時にコレが欲しかった・・・

センサーとしての利用価値を求めている方にはあまりオススメはできないかもですw
(もともとそういう物じゃないですしおすし)
ただ、「Toy-Conガレージ」を利用してなにかいろいろやるという方法を模索するのは
クリエイター心をくすぐるかもしれませんね。

【シスフレ日記 Vol.21】Medtec Japan 2018に出展します!

|

こんにちは。受付の高橋です。

すでにHPのお知らせには掲載しておりますが、2018年4月18日(水) ~ 20日(金)に東京ビックサイトで開催される『Medtec Japan 2018』にシステムフレンドが『鑑AKIRA』を出展します!

「Medtec Japan メドテック ジャパン」とは、医療機器の設計・製造に関する【アジア最大級】の展示会で、医療機器業界を代表する一大イベント。出展社数550社、来場者数35,000人を予定している大変大きなイベントです!システムフレンドは今回4回目の出展になります。鑑の技術、可能性を皆さまに直接お伝えするチャンス!と、担当者一同、大変気合いが入っております。そしてこの出展に間に合うようにと、新しくデザインしたユニフォームがつい先ほど届きました~!

 

早速、鑑の開発メンバーのアレックスと総務の岡本に協力してもらい、試着会を(^^)

シンプルな中に、鑑の力強いロゴが目立つ素敵なデザインに仕上がりました!

 

このユニフォームを着て、皆さまのご来場をお待ちしております(^^)
システムフレンドは東4ホールの『ひろしま産業振興機構ブース内(ブース番号1108)』に出展予定です。ぜひ、実際の鑑を体験しにいらしてください!

 

Medtec Japan メドテック ジャパン
http://www.medtecjapan.com/abstr_medtec1406

会場案内図はこちら↓
http://www.medtecjapan.com/sites/default/files/files/Floormap_for_HP.pdf
 

ページ

RSS - ブログ を購読